自分を客観的に見てみよう

Posted By on 2014年11月1日

ウエストが痩せた女性

テレビで好きなモデルさんとか出てると良い意味と悪い意味でため息がでちゃう。良い意味はかわいいなー、あんな体型素敵だなぁということで出るため息。悪い意味はあの人はあんなに素敵なのにどうしてわたしはだめなんだろうとう意味。まあモデルさんと体型比べる時点で無茶なことはわかってるんだけどやっぱりどうしても比べてしまう。まあ自分を客観的に見るきっかけにはなるかなとは思うけどね。

ちょうど良い機会だから今日は自分を客観的に見てみようとおもうの。改めて自分で意識して見ないと自分を客観的に見ることってないし、自分を客観的にみるのって本当に難しいけどせっかくだからがんばってみよう。ダイエットするにあたって一番わかりやすい客観性ってやっぱり体重かな。数字ではっきり出ちゃうからものすごく客観的に判断できるね。私の場合は具体的な数字は諸般の事情によりさけますが、まあやっぱり標準より重いね、うん、重い。

まあこれはダイエット決意する時点でわかってたことだししかたない。むしろ体重が軽かったらダイエットなんていらないんだから当然だね。でも人間の価値は体重じゃないってことで他も客観的に見てみることにしよう。体型で一番気になるのはやっぱりウエスト。くびれたウエストは全女性の憧れだよね。もちろん私もそうありたいって思ってるけど現実とは非情なものだね。

くびれとはまったく逆、そう、膨らんでいますとも。改めて客観的に確認するとなかなか精神的にきついね。そして次に気になるのはヒップ。これのせいで気に入った服が入らないなんてこともあるしなかなかの強敵。お尻の肉って落ちにくそうだしどうしてくれよう。さらに言えば二の腕や太ももなんかもかなりのボリュームで苦労しそう。まあ要するに一言で言うときちんとダイエットして全部落とすことが必要っていうことだね。